華岡青洲とは

読み方 はなおか・せいしゅう
職業 江戸時代の医師(麻酔医、外科医)
出身 和歌山県紀の川市(当時は、紀伊西野山村)
業績 世界で初めて全身麻酔を実用化した。
1804年、乳がん摘出手術に成功した。
業績の意義、価値、評価 悪いところを取り除く「切除手術」を可能にした。
患者が手術時の激痛から解放されるようになった。
(今ならノーベル医学賞に相当するような偉業とも言われる。)
誕生 1760年11月30日
=江戸時代の後期
死去 1835年11月21日(74歳で死去)
=江戸時代の後期
実家 祖父の代からの在村医
父親 直道(じきどう)・・・医師。大阪で南蛮流外科を学んだ。
母親 於継(おつぎ)
兄弟 弟3人、妹4人 (8人きょうだいの長男)
加恵(2歳年下)
通称、愛称 雲平(うんぺい)
学歴 23歳の時、京都に出て3年間、医学を学ぶ。
学んだのは、古医法(漢方を中心とした内科に相当)と、南蛮流外科(オランダ流カスパル流外科)。
影響を受けた人物 華陀(かだ)・・・3世紀頃の中国の伝説的医師

マンダラゲ(チョウセンアサガオ)で神経を鈍らせ、手術したともいわれる。マンダラゲは京都の整骨医も複雑骨折の治療に使っていた。青洲は修行時代に華陀のことを知った。「マンダラゲの分量を増やしたら」と考えた。
麻酔開発の発想 当時の外科は、切開して膿を出したり、傷を縫合する程度のものだった。
それまでの縫合は、しょうちゅうを飲ませたりして行っていた。
青洲はいつしか、もっと根本的な治療(摘出)を考えるようになった。
今まで治療できなかった病気を治したい、そのためには悪い部分を切り取ればいいのではないかと考えた。
そのためには大手術に耐えるような麻酔が大切、という発想を得た。
全身麻酔薬の必要性を強く感じていた。
麻酔開発着手の時期 京都から和歌山の実家に戻ってから
麻酔薬の開発にかかった年数 20年
開発した麻酔薬 マンダラゲを主成分に、山野で採取したトリカブトなど薬草6種を配合、「通仙散」が完成した。
完成年 友人、中川修亭が書いた「麻薬考」によれば、青洲の麻酔薬は1796年頃までに完成し、十数人に使用したが、手術に使うまでさらに数年待った。
当時の女性にとっての乳 当時、女性の乳房は急所とされた。
乳房にメスを入れることは“女の急所を傷つけるので命を断つことになる”と信じられていた。
しかし、ある日、胸を牛の角で引っかけられた女性を青洲が縫合し完治させる。
この経験から、乳房にメスを入れても大丈夫と確信し、通仙散を用いた乳がん手術をすることになった。
最初の乳がん摘出手術の年月日 1804年(文化元年)10月13日。
最初の乳がん摘出手術の患者 高齢女性。
奈良・五条の藍屋利兵衛の母(勘、60歳)。
当時難病だった乳がんを患っていた。
姉も同じ症状で亡くなったという勘は「名医の手にかかれば、死んでも本望」と手術を懇願した。
薬で全身麻酔を施し、摘出した。
「世界初」の意味 アメリカでのエーテル麻酔の公開手術成功の42年前
使用した麻酔 マンダラゲを主成分にした麻酔薬「通仙散」
開発した麻酔の副作用 成分であるマンダラゲなどは毒性が強い。服用すると脈が速くなり、頭痛、吐き気に襲われることもあったらしい。
それまでの痛い治療 それまで傷の縫合などは、一般に強いアルコールを飲ませたり、殴打して気絶させて行われていた。
麻酔の人体実験 言い伝えによると、妻の加恵、母の於継(おつぎ)が麻酔薬の実験台になった。その副作用で加恵は失明したと考えられている。
手術の患者数と件数 乳がん手術100件以上。
「乳癌(にゅうがん)姓名録」には青洲の診察を受けようとやって来た156人の患者名を記す。
近畿はもちろん、北は陸奥(青森)から南は筑前(福岡)まで。
遠国から病を抱えながらの長い旅路。
治療の領域 現在でいうところの外科、整形外科、泌尿器科、耳鼻科、眼科、産婦人科域に及ぶ手術を行った。
勤務先 病院「春林軒」

春林軒(しゅんりんけん)は、華岡青洲の屋敷であり病院、そして医学校。
1999年春、那賀町役場が復元。近くに青洲の使った手術器具などを展示した博物館なども建設し「青洲の里」として整備した。
春林軒の母屋は215平方メートル。付属施設を合わせても660平方メートル程度。
後輩の指導・育成 春林軒(しゅんりんけん)を診療所兼医学校として創設。全国から入門希望者がやって来た。
手術成功から亡くなるまでの約30年に入門した塾生は994人。(青洲生存中トータルにこの地で学んだ塾生は1033人を超えたそうだ。)
大坂・中之島には分塾「合水堂」を開設し、弟の鹿城に任せた。門人は合計で1800人を超えたという。
修業を終えた門人に、免状と引き換えに提出させたのが誓約書。「手術、秘薬を親、友人といえども教えてはいけない」。血判も押させた。
弟子の活躍 門人たちは故郷へ戻り、幕末・明治維新期の地域医療を支えた。
門弟たちが通仙散による麻酔を全国に広め、外国からクロロホルムやエーテル麻酔が導入される明治中期以降まで行われたそうだ。
技術の公開 門外不出の秘伝とした。麻酔薬の処方は門人以外に伝授しなかった。今なら必ず科学誌に投稿するだろう最先端の医療技術。「青洲の麻酔は命にかかわる高度な技術。失敗すると華岡の家名も傷つけると考えたのでは」という推測がある。
性格 質実純朴、軽薄を忌み、外見を飾らず、超然としていたと伝えられている。
政府(権力者)との関係 当時の紀伊藩主・徳川治宝(はるとみ)から侍医として城下に住むよう求められた。
徳川治宝学は問の振興に熱心だった。
再三の要請を受けた。
しかし、「私は元来、庶民の病気を治すことを使命と心得ています」と言って、登城しなかったと伝えられる。
月のほぼ半分は西野山村の春林軒で診療を続けた。
漢詩 華岡家墓所のそばに、青洲の漢詩を刻した記念碑がある。
「竹屋粛然烏雀喧 風光自適臥寒村 唯思起死回生術 何望軽裘肥馬門」。
難しい病気を治す方法をひたすら考え、ぜいたくは望むなといった意味だろう。
郷里に帰る塾生に与えたという。
記念館「青洲の里」
華岡青洲が住居兼診療所、医学校とした「春林軒」が和歌山県紀の川市西野山に復元されている。
青洲の遺品や史料を展示した部屋やレストラン、公園がある。
入館料600円(2019年4月現在)。火曜定休(2019年4月現在)。
主屋を囲んで門下生部屋・薬調合所、病棟、看護婦宿舎、蔵などがある。
周辺は「青洲の里」として整備され、展示施設のフラワーヒルミュージアムでは、青洲が考案した手術道具のメスやはさみ、愛用した眼鏡、手術時に着用した羽織、袴(はかま)などを見ることができる。「解体新書」の杉田玄白からの手紙も紹介されている。
近くのため池のほとりに華岡家の墓所がある。一族の中で青洲の墓石はひときわ大きい。
ホームページ: http://seishu.sakura.ne.jp/index.shtml
華岡家の墓地は、春林軒塾から北西200メートルほどの場所にある。
参道を50メートルほど進むと、和歌山医大麻酔学教室の献燈があり、さらに奥に、カシや桜の木立に囲まれて、青洲の墓がある。
ため池のほとりにある33基の中でひときわ大きな傘つきが青洲の墓。後ろに母と妻の墓もある。
於継の墓石には「蓮浄院智貞信尼」、加恵には「蓮光院法屋妙薫大姉」、青洲の墓には笠石が置かれ、「天聴院聖哲直幸居士」とある。
小説家の有吉佐和子は「青洲の墓の正面に立つと、加恵の墓石も、於継の墓石も視界から消えてしまう。青洲の墓はそれほど大きい」と書く。
伝記 「華岡青洲先生その業績とひととなり」
青洲の医師としての業績を、文献に基づき分かりやすく描く。
著者は和歌山県立医大の上山英明名誉教授(麻酔学)。

Amazon→
テレビドラマ 「華岡青洲の妻」
NHKの金曜時代劇
6回シリーズ
2005年1月21日から6週連続で放映された。
金曜21時15分~

<出演俳優>
谷原章介(華岡青洲)
和久井映見(妻・加恵)
田中好子(母・おつぎ)

<原作>
有吉佐和子著「華岡青洲の妻」
小説 有吉佐和子の小説「華岡青洲の妻」。麻酔薬実験をめぐる嫁としゅうとめの確執がテーマとなっている。
華岡青洲に詳しい学者 和歌山県立医科大学の上山英明・名誉教授。和歌山県立医科大学の麻酔学教室の初代教授


 運営:麻酔医